スポンサードリンク

 

このブログ、はじめは退職願望バリバリだった
MRのストレス対策日記として始めたブログです
が、2007年9月末付でMRとして6年半勤めた
会社を退職しまして、現在自営業の準備、および
その自営業と並行して行えるような仕事への転職
活動を同時にすすめております。
 そのため、今後は、このブログは、
    起業、転職活動日記
として更新させていただきます。
 さて、私の起業、転職活動が、サクセスストーリー
となるのか、失敗談となるのか?
 未知数ですが、がんばっていきますので、
乞うご期待!

2007年04月27日

就職活動でMRを目指している方へ:MRという仕事の意義?@

就職活動や転職活動でMRを目指している方へのお手紙です。

MRという仕事のネガティブな面ばかり書いてしまいましたので、もしかしたら就職活動や転職活動でMRを目指している方には非常にマイナスになってしまったかもしれません。

しかし、MRは社会的にみてとても必要ですし、意義がある仕事だと私は個人的に思っています。

その理由として、まず、MRが新薬を病院側に宣伝しないと、その薬がどれほど患者さんや医師にとって利益になるものでも、病院側は知ることはできません。(正確には知る機会が少ない、ということです。現在はインターネットで情報入手することもできますので)

ですので、どんなによい薬でも、MRが宣伝しないと社会に広まることはないのです。そのような社会的な意義を理解した上で、『私が役に立つ薬剤を自分の担当先に広めるんだ』という使命感を持ってやっている方にとっては、幸せな職業になりえます。

私自身は、もっとやりたいことがほかにもあるので、退職してほかの道を選ぶという方向性に向かっています。ある意味、『私が役に立つ薬剤を自分の担当先に広めるんだ』という使命感が少なかったということで、非常にお恥ずかしい限りです。

もし就職活動でMRを目指す方がこのブログをごらんになっていれば、ぜひMRという仕事のよい面と悪い面、両方をご理解いただいたうえで就職活動、転職活動に取り組んでいただきたいと思います。そのほうが、将来MRをやっていく上でも、私のように方向性を変えようと取り組んでいく場合にも、きっと役にたつことと思いますよ。
posted by covey at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | MRのストレス要因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。