スポンサードリンク

 

このブログ、はじめは退職願望バリバリだった
MRのストレス対策日記として始めたブログです
が、2007年9月末付でMRとして6年半勤めた
会社を退職しまして、現在自営業の準備、および
その自営業と並行して行えるような仕事への転職
活動を同時にすすめております。
 そのため、今後は、このブログは、
    起業、転職活動日記
として更新させていただきます。
 さて、私の起業、転職活動が、サクセスストーリー
となるのか、失敗談となるのか?
 未知数ですが、がんばっていきますので、
乞うご期待!

2007年04月29日

MRが希望の職種に就くための条件とは?その@

条件とは?
@希望の職種に就けるだけのスキルを持っていること
AMRとして社内で高い評価が受けられるだけの実績をあげていること
B上司の推薦を受けられるよう、社内の人間関係(社内営業)がうまくいっていること

この3点は必須でしょう。

条件@の、スキルについて書かせてもらいます。

私が勤めている会社の場合、外資系企業ですので英語が必須でした。根性のない私は、英語の勉強を毎日続けることができず、社内面接で出てきた外人との面接でも、おどおどしながら日本語で通しました。(一応リーディング、リスニングはできるのですが、まったく話せません。TOIECでは600点台ですが、スピーキングは別に英会話学校などの通って勉強する必要があるのでは?)もし社内で希望の職種に尽きたいと考えているようでしたら、意外と英語でコミュニケーションが取れる能力は必須のスキルです。

英語以外にも、必要なスキルはもちろんあります。

マーケティング業務に就きたいなら、最低限マーケティングについての知識は読書などを通じて身に着けていくべきでしょう。

私が社内面接に落ちた後、その面接に受かったMRが数ヶ月後に退職しました。

おそらく、配属されたマーケティング部でやっていくだけの能力がなかったのでしょう。
彼は、海外留学経験があり、英語が非常によくできました。面接に通ったのは、おそらく英語ができる人間が、面接を受けた人間の中で彼しかいなかったのが最大の理由だとおもいます。しかし、マーケティングに関しての知識や経験は、おそらくなかったのだとおもいます。

聞いた話によれば、配属された部署で、非現実的な主張を繰り返したのだとか。その挙句、
その部署でスポイルされるようになってしまい、やってられなくなってやめたそうです。

かくいう私も、知識に関しては読書を通じて結構持っていたのですが、それを使った経験はありません。それでは面接の時に十分PRをできるまでには至りませんでした。また、その部署に就きたいという動機の面でしっかりできていたとはいえないですから、私も彼と同じようにやめていたかもしれません。

やっぱり、いい仕事をする為には、自分がやりたいことを整理して、それに向けて努力していくこと、その両輪が必要なのでしょうね。

posted by covey at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | MRのストレス要因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。