スポンサードリンク

 

このブログ、はじめは退職願望バリバリだった
MRのストレス対策日記として始めたブログです
が、2007年9月末付でMRとして6年半勤めた
会社を退職しまして、現在自営業の準備、および
その自営業と並行して行えるような仕事への転職
活動を同時にすすめております。
 そのため、今後は、このブログは、
    起業、転職活動日記
として更新させていただきます。
 さて、私の起業、転職活動が、サクセスストーリー
となるのか、失敗談となるのか?
 未知数ですが、がんばっていきますので、
乞うご期待!

2007年04月30日

MRが希望の職種に就くための条件とは?そのA

MRが希望の職種に就くための条件とは?
@希望の職種に就けるだけのスキルを持っていること
AMRとして社内で高い評価が受けられるだけの実績をあげていること
B上司の推薦を受けられるよう、社内の人間関係(社内営業)がうまくいっていること

ということで、4月29日の記事で書かせていただきました。

条件Aの、MRとして社内で高い評価が受けられるだけの実績をあげていること、について私見を述べさせていただきます。

上司の評価というのは、一番大きいのはどうしても売り上げ実績などの数字です。

直属の上司なら、普段から顔をあわせていますので、その人の人間性などを重視した人事もできるでしょう。しかし、面接の場では、面接を行う本社の人がその人の人間性を評価する時間がそれほどあるわけではないですから、やっぱり評価する方法としては、売り上げ目標達成するなどの実績をあげておかなければなりません。また、推薦をする人間の1人である支店長なども、毎日顔をあわせるわけではないですから、判断基準としては数字がやっぱりもっとも大きな要素となります。

私は一度移動のための面接を受けさせてもらいましたが、それも当時はMRとして売り上げ好調で、支店150名ほどのMRの中で売り上げ一位などの実績をあげていたことが大きかったかも知れません。

ということで、もし現役MRやMR希望の方が将来自分の希望する業務に移りたい、とおもってらっしゃるのであれば、鬼のように売り上げを追求しましょう。そうすることで、初めて将来への道が開けてきます。
posted by covey at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | MRのストレス要因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。